お一人様Slack、始めました

ゆずりょーです。

皆さんは、Slackを使ったことはあるでしょうか。

おそらくお仕事で使ったことがある、プロジェクトで使ったことがある、という方もいるでしょう。

私も本業のお仕事などでガッツリ使っているので、欠かせないツールになっています。

そんなSlackですが、私も実は2017年頃から自分のSlackワークスペースを作っていました。
しかし使用用途が特になかったので、野ざらし状態になっていました。

そこで、そのSlackワークスペースを本格的に運用させるべく、今月からお一人様用Slackとして再稼働させることにしました。

思ったことをすぐに書く

Slackには思ったことをすぐに書く、という場所として #general チャンネルや、各話題に沿ったチャンネルを作って、まとめています。

送ったメッセージは、スレッドを使って、そのメッセージの細かい内容などを深堀りしていくように書いています。

こんな風にまとめています。

推しキャラのイラストや情報をまとめておく

#oshi-〇〇 というチャンネルを作って、推しキャラのイラストや情報などをまとめておいてます。

以前にはTwitterのツイート受信も対応していた…ようなのですが、Twitter API改悪により、ほぼ即日でSlackでも廃止されてしまったみたいです(ブチギレ案件かもしれません)。

RSSリーダーとして

SlackにはRSSを取得するアプリもあり、それを使って、RSSフィードを取得しています。

私の使い方としては、RSSを取得するためのチャンネルを作って、そのチャンネルにRSSを登録しています。

例えば、 #rss-prtimes-〇〇 ではPRTIMESのプレスリリース記事を取得するためのRSSを登録したり、 #rss-status-〇〇 では、利用しているサービスのステータス情報をまとめておくなど、使い方は様々です。

チャンネル名の付け方

チャンネル名の付け方は、自分のお一人様Slackワークスペースの場合、ダッシュ(ハイフン)でカテゴリ分けをするという方法でやっています。単語の区切りの場合はアンダーバーを使っています(あまり使いません)。

先述のチャンネル名のように、私はこんな風に付けています(一例)。

#oshi-〇〇 // 推しを貼るチャンネル
#think-〇〇 // 考え事などをまとめるチャンネル
#rss-〇〇 // RSSフィードを流すチャンネル
#rss-prtimes-〇〇 // RSSのPRTIMES系の情報を流すチャンネル

将来的にはプロプランも検討中

Slackのフリープランのワークスペースの場合、閲覧できるのが90日間、2024年8月26日からは保存期限が365日(1年)になります。

また有料プランだと使える機能が増えるなど、他にもメリットがあったりします。

お一人様のSlackワークスペースは、研究目的としてプロプランに入ろうかなと、今考えています。

お仕事でも使っているので、Slackを最大限に使いこなすための投資だと思ってやってみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました